ダイナ2t系が一部改良発表

TOYOTA、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良」されましたね。主にインテリジェントクリアランスソナーなどの安全装備が標準装備になったようです。

  • 衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート(プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式))
  • 車線逸脱の可能性をドライバーに伝える(レーンディパーチャーアラート)
  • 滑りやすい路面などで走行安定性を確保(VSC[車両安定制御システム]&TRC[トラクションコントロール])
  • 積載状態に応じて、ブレーキを最適制御(EBD[電子制動力配分制御]機能付ABS)
  • 踏み間違えても衝突回避を支援(インテリジェントクリアランス ソナー(前方)[パーキングサポートブレーキ(静止物)])
  • 夜間の視界をより明るく保つ(LEDヘッドランプ)
  • 汚れや雪を落とし、常に良好な視認性を維持(ヘッドランプクリーナー)
  • 目視しにくい後方の安全確認をサポート(バックカメラ&バックモニター付デジタルインナーミラー)
  • 後方の視野をさらに拡大(運転席側手動式2面鏡式ミラー・助手席側手動式ワイドビュー2面鏡式ミラー)
  • 安心感ある視界確保に貢献(ワイドビューピラー)
  • 衝突時のダメージ軽減へ向け全車に標準装備(運転席SRSエアバッグ)

いやぁ、以前からあったものも少しはありますが、それ以外はカムロード乗りの皆さんからしたらどれもよだれが出る装備ばかりじゃないですかね。電動パーキングブレーキも装備されてるようですし。

1.5t系は現状のままのようですけど、出来れば2t系のこの装備がカムロードに来て欲しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です