ドアを開けると

喜び勇んで契約書にサインをしたものの、追加オプションの確認を進めていくと様々な疑問が。そんな問題が発生してくることは予想していましたが、今回の件は予想以上の展開で我ながら苦笑い。

それは何かと言いますと、今回追加した温水ボイラー(ヒートエクスチェンジャー)の設置場所が問題になりました。結構設置サイズあるんだろうな~とGoogle先生でクレアの温水ボイラーを検索。これが意外と無いんです。かなり探したところ数枚の写真を発見。が、がですよ、なかなか衝撃的な写真だったんです。

温水ボイラーの位置に注目です

この位置、2段ベッドの1段目の下にあたります。この部分をよ~く覚えておいて、はい、こちらをご覧下さい。

バゲッジドアがありますよねぇ

はい、ご想像のとおり、バゲッジドアを開けると温水ボイラ~! 5.3Wの場合下段のマットレスが直上に来ると想像できるのでこんな感じでしょうか?

この部分に温水ボイラーが配置されると・・・
荷室へのアクセスは開口部の20%程度(笑)

さすがにこれはどうかなって感じです。特に5.3Wは後部バゲッジドアが無いんです。理由はバゲッジドア上部1/3程度が下段ベッドのマットが来るためですが、さすがにこの状態では荷物の出し入れに相当苦労しそうです。

いろいろ考えて、温水ボイラーを荷室の真ん中後部に移設出来ないか確認したところ、特注対応の為、納期も延びるのと信頼性も低下するとの事。まぁナッツ自体が販売台数が増えライン生産体制が確立しつつある弊害とでも言うのでしょうか。OEM生産も含めて年間800台以上生産していると言われている状態では、カスタム生産がしにくくなってきているのでしょうね。残念ですが、5.3XやZの様に車両後部にバゲッジドアを増設する形を取る方法で決着しました。ただし、ダブルベッド使用ですからバゲッジドアの上部1/3はベッドマットがあるため、実際に使えるのは2/3程度となります。それでも無いよりはマシかと思います。内部からはバゲッジドアの一部が見えてしまうので、納車後は上手に隠す何かを考えたいと思います。

実はもう一つ解決策も提案していたのですが、それは安全性の確保、保証が得られないと言う事でナッツからNGがでてお流れとなってしまいました。個人的には一番すっきり解決できてしかも便利になると思ったのですが(苦笑)保証が無くなるのも考え物ですので、将来保証が無くなったら改造という手でやってみてもいいかな~とも思っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。