ダブルタイヤ試乗してきた!

ナッツ愛知店の名古屋キャンピングカーフェアーアンコール試乗会に行ってきました。5.3Wも有りましたが、試乗車は5.3Xです。架装部分のリアベッド部分が異なるだけですので試乗には問題はありません。

144PS、トルク300Nmを発生するディーゼル3Lターボは通常の走行には申し分ない感じです。3t近い車体を苦もなく加速させます。まぁ初代がガソリンの90PS台でしたので、そりゃ頼もしく感じてしまうのはしかたがないですね。さすがにターボのブースト感を感じられるほど車輌が軽くないために、逆にNAの様にリニアな感じの加速感でした。いずれにしてもこの感じなら高速の加速合流でも苦にならないと思います。乗ってみてどうしても足りない!って思うときは、自己責任ですがTDI Tuningを使う手段も残されていますので(笑)

見た目もいい感じに収まるWタイヤ

で、今回のメインであるWタイヤについて。乗ってすぐに感じたのは全体の剛性感というのでしょうか、初代のショック+エアサスのようにしっかりとした感じで、コーナーリング時の大きなよれ感も押さえられています。Wタイヤというとどうしても堅い、跳ねる等いい話を聞きませんが、このWタイヤに関しては3枚リーフにオリジナルショック、と全体のバランスが上手くとられているように感じました。安心感はかなりあります。試乗で走った道は海沿いの強風が吹きさらす場所だったのですが、かなりの風を受けても車体がよれるようなことは無く、かなり安心できました。高速で速度差があるトラックやバスなどに抜かれると風圧ではじかれますが、そのときに車体が傾くようなことは無いと思います。はじかれ感はどんな車でもあると思いますのでそこは仕方がないかなと。

1点もう少し改善できたらいいなと感じた点はフロント周りです。やはり185にアップしてあるにしても、接地感が少し足りない感じです。ハンドルの遊びが少し多め?205サイズと比べるのは酷かもしれませんが。この部分、現時点ではこれ以上のサイズアップが難しい様でして、今後のナッツ?トヨタ?の改善に期待したいところです。フロントのホイル選択の幅があるといいのですが。現状一択しか無いようです。ただし、通常使用において大きな問題になる様な箇所では無いと思います。荷物を載せて人が乗った状態でどう変わるか。結果は納車後のお楽しみと言う事で。

もう少し太いのはけるといいんだけど

Wタイヤのホイル仕様がわかりました!

 リム幅:5J
 リム径:15インチ
 穴数:6穴
 ハブ径:133mm
 P.C.D:184.15
 オフセット:102

Wタイヤの感じがわかっていただけたらいいな~と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です