冷蔵庫の庫内灯を交換

DOMETIC社製90L 1WAY 冷蔵庫には庫内灯が装備されています。冷蔵庫の電源がONになっているときにドアを開けると庫内灯が点灯します。

時代の流れで庫内灯もLED球が使用されていたのですが、納車後ほとんど利用しないうちに点灯しなくなってしまいました。

冷蔵庫の照明装置自体の故障なのか、球切れなのか確認したところ、LEDバルブが不点灯になっていることが判りました。LEDバルブってそんな簡単に切れる?と思いつつよく見てみると…

まぁまぁ見た目よくあるLEDバルブです。T10タイプの37mm仕様ですね。裏面は

こんな感じ。LEDのみ?金具の中にチップ抵抗らしきものも見えるような見えないような(笑)まぁ点かないモノは点かないので、新しいバルブに交換しましょう。

あまり切れられても困るので、その辺対策されたLEDバルブにしてみました。

一応高信頼性を歌う商品を選んでみました。極性無し、耐圧も結構自信有り!の商品だそうです。

取り付け場所はここ。

既にもともとのLEDバルブは外してありますが、このブルーの透明な箇所の中にバルブを取り付けます。

ブルーのケースを外したところ。ここにLEDバルブをセットして元に戻して点灯!

無駄に明るい冷蔵庫になりました!

これで暗闇の中ビールを探さないで済みそうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です