再投稿:ステンレスホイールライナーについて(重要)

自分が取り付けているホイールライナーについて、安全性の面から内容を加筆して再掲載して置きます。

まず、このホイールライナーは固定方法が6本のホイルナットの内3箇所のみを利用して固定されています。6本全てでの固定ではありません。

ホイールライナー自体はステンレス製ですが、締め付ければこのステンレスが変形してナットがめり込むことでいくらでも締め込むことが可能です。またゆるめに締めれば走行時に緩んできてしまいます。

ホイールライナーを付ける場合は、あくまでも自己責任となります。その上での注意点を記しておきます。

  • ホイールライナー取り付け時にはトルクレンチにて規程の締め付けトルクを遵守し取り付けること
  • 走行後は定期的にホイールライナーを固定しているナットを確認すること
  • その際、いったんホイールナットを緩めた後、トルクレンチを使って規程の締め付けトルクにて締めること(トルクレンチを使っていても何度も締め付けると締め付けトルク以上に締まってしまう為)

以上の事を必ず行う事をお勧めします。

と言うわけでこれらをご理解いただいた上で、ここからのネタは再掲載となります。

純正ホイールとTOPY工業製ホイールへのホイールライナー互換性について

まず自分が取り付けているホイールライナーについて。自分が取り付けているホイールライナーは、東京マッハで販売されているデュトロ用のホイールライナーです。

ステンレスホイールライナー デュトロ15インチ用 チューブレス32mm6穴 品番:237-131-51

になります。で、問題になるのが、ホイールに対する互換性です。

当ブログにコメントをいただいた方の情報によりますと、純正で履いているホイールは中央精機製のホイールとのことでした。自分がスタッドレス用に購入したホイルは

・TOPY工業製 TOPY QK 15×5J 6穴 6H トヨエース ダイナ スチールホイール

です。問題はこの2種類のホイールにホイールライナーの取付互換性があるのかどうかと言うことですが、自分のCREAに納車時から付いているホイールを確認したところ、ご報告いただいた通り中央精機製のホイールでした。

結論を申し上げますと、納車時に付いている中央精機製ホイールと同一サイズのTOPY工業製ホイールは、それぞれに東京マッハで販売しているホイールライナーが装着できました。ただし現時点においてという条件付です。

今後企画変更などにより装着できなくなる可能性も否定できませんので、あくまでも2020年4月時点においてと言うことになりますので、ご了承ください。

再投稿:ステンレスホイールライナーについて(重要)”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です