マルチルームのセンサー照明動作不良の対策

以前に取り付けたマルチルームの照明をセンサー照明がイマイチ思った動作にならないのです。

取り付け当初はマルチルームの温風吹き出しによる影響かと思っていたのですが、どうやらそうでは無い感じです。いろいろ確認してみたところ、どうやらミニベンチレーターのモーターノイズがセンサー回路に回り込んで誤動作を起こしているようです。

付いているファンを外して見たところ至って普通感じのDCブラシレスモーターファンです。

試しにミニベンチレーターへの電源を外して動作確認してみたところ、問題無く動作してくれました。と言うわけでミニベンチレーターのノイズ対策をしてみました。

モーターのノイズ対策と言えばコンデンサによる対策が一般的です。セラミックコンデンサなどを使って、ノイズ発生源であるモーター部分の電源の+-にコンデンサを挟み込む方法です。

本来ならモーターの電源根元に付けるのがベストなのですが、ちょっと加工がめんどくさいので、配線の途中に挟み込む形で取り付けて見ました。電解コンデンサーとセラミックコンデンサーをイン(笑)

結果としては以前よりは良くなりました(笑)点灯しっぱなしも無くなりましたし、OFFになってすぐONになるような事も無くなりました。

100%解決!という感じがまだ確信できませんが、以前よりは改善したという点でとりあえずここまでとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です