リチウムバッテリー検証用ユニット構築開始(9)

DIYを実践される方へお願い

当記事の内容はすべて自己責任において実施されている内容です。記事の内容を元に改造を行った場合に発生しうるいかなる責任も当方には発生いたしませんことご理解ご了承ください。また同様に改造を行った結果不具合が発生した場合、車両販売元のナッツでの保証が受けられなくなることをご理解ご了承ください。あわせて当HPの快適化内容はナッツでの改造として受け付けられているものではありません。ナッツでの安全保障確認ができているものではありませんので、記事内容の改造快適化をナッツにご依頼することはお控えいただきますようお願いいたします。すべて自己責任であることをご理解ご了承の上お楽しみいただければ幸いです。

完成が近いMyエボリューションシステムですが、いよいよ残量モニターやインバータスイッチ等のスイッチ類をどこに付けようかと迷う時期になってきました。取り付けが必要なものはこれと走行充電量の切り替えスイッチとケアモード切替スイッチです。

結構大きめなモニターとインバータスイッチ

車内を見回して取り付け可能なところを探しますが、そう簡単に見つかるものではないですねぇ。

CREAのメインスイッチの場所に付ける方法もあるのですが、そもそも今回のMyエボリューションシステムは検証用なのです。将来 Evolution System を Myエボリューションシステム に入れ替えを目指しているので検証用のモニター類を壁に穴開けて取り付けたくないんですよ~(^^;

3rdシートのイス部分の壁面とかも考えたのですが、そうはいっても使い勝手が悪そうです(贅沢な!)

ひたすら3日ほど悩んで見つけたのがここ!

吊り戸棚の下面についているカーテンを隠す化粧板
この右端部分がよさげです

この化粧板は吊り戸棚内部から垂直にネジで固定されているだけのようです。制御ユニットからも真上に位置します。配線類はマルチルームと壁面の角部分を使って上に立ち上げていけば比較的見えない感じで処理ができそうです。

ここなら見た目的にもアクセス的にもよさそう。万が一外したときにもNUTSにここの部品をもらっておけばきれいに元に戻せそうです(速攻NUTSに部品として入手可能かどうか確認を入れてます、笑ました。取り寄せ部品なので時間かかるそうですが1.5諭吉程度で入手できそうです。これで思う存分穴開けられます!笑)

ただ制御用の配線が結構多いです。モニター用の専用ケーブル・インバータリモコン用の専用ケーブル、その他各種制御用配線8本。これだけの配線をきれいに通すのできるかなぁ~(^^;

とりあえずパネルイメージを作ってみました。

パネルはめ込みイメージ

どうでしょう?なかなかいい感じじゃないでしょうか?
実際のパネルにイメージを貼り付けて見ると・・・

まぁこんな感じなら良さそうですね!

見た目部分に手を入れるときはとても緊張しますが、きれいにできあがれば嬉しいですからね!あと少し頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。