折れてしまったリアラダー固定具の代替品を作ってみた

前回折れてしまったリアラダー固定具の話をしましたが、今回はその対策のお話です。

この固定具は修理も可能なようですが、同じ部品が付く=また必ず折れる(笑)訳です。そんな部品ならいっそのこと外してしまって対策を考えた方がよさげです。

要するに直径30mmのパイプを挟んで固定できるようにすればいいわけですから、それを実現できそうな部品をゲットしてきました。

パイプホルダー
2つを合体すれば

どうです?これで何となく固定できそうじゃないですか?もう一つはこれ、同じようなモノですが(笑)

これもパイプホルダー
合体したら旨く行きそう

個人的には最初のホルダーの方がホールド面積も多いのでよさげかなとおもいます。組み上げる前にとりあえず折りたたみラダーにはめてみた感じはこんな感じ。

どちらも思っていた以上にぴったりホールドしています。見た目がっちりホールドしているのは下側の幅広なタイプですね。こちらの商品はニュージャパンヨットで販売されている筒形ホールディングクリップN0925015です。1個300円(税別)ですので2個で600円程度。固定ボルトも微々たる値段です。1000円あればお釣りが来る一品です(笑)

と言うわけで幅広タイプを2コイチにして合体です。

ボルトで固定して合体!

結構いい感じで出来ました。一応ボルトは錆びないようにステンレスにしました。

ぱっと見標準品?(笑)

いやぁ、ホントに標準品の様にバッチリです。しかも柔軟性があるので折れません!(笑)

どちらにも付きます(笑)

耐候性がある樹脂かどうかはしばらく使って見ないとわかりませんが、これはこれで十分機能を果たしていますので、純正品が対策されるまでは当面これで行こうと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です