マルチルームFF吹き出し口を防水加工した

マルチルームの防水加工について、いまいち不安なところが散見されるので予防的防水加工をしてみました。

ここがFF吹き出し口のエンドキャップ部分。

接合が少し緩いのか触ると壁との間に隙間が出来ます。締め込めば固定されるのですが、それでも何も防水処理されていない状況では浸透圧などで浸水が予想されます。オプションのシャワーを付ける人が少ないのでしょうか?

壁の内側はこんな感じ。配管側のエンドキャップと壁表側のエンドキャップで壁を挟み込んで固定していますので、浸水の可能性は否定できない構造です。出来ればこの配管も壁に向かって下り勾配を付けてあれば、水の浸入を防げるので100点だったのですが、残念ながらそうでは無かったです、はい。

シリコーンコーキングでもしてしまおうかと思いましたが、水に浸かる部分でもないので余った部材を再利用~(笑)

以前に給油口扉の異音を止めるために使った防水すきま用テープです。

つぶれることで密着して防水性を上げるシロモノ。これを送風口の壁面とエンドキャップの間に取り付けます。

凄い見た目が悪いのですが、挟まれて見える部分は少しになるはずなので気にしないで進めます。水の流れを想定して、穴の一番下側から360度ぐるっと貼り付けます。

エンドキャップを締め込んできっちり固定しました。はみ出る量もそれほど気になら無い感じに収まりました。

これで知らないうちに浸水して壁面が腐ってた~なんて事は避けられるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です