マルチルームビス留め箇所を防水処理

FF吹き出し口の予防的防水処理に続き、壁面に打ってあるビス留め部分を予防防水処理します。施行部分はここ。

壁の向こうのヘッドレストなどを固定してあるビス。化粧ビスカバーがついています。果たしてこの状態で水は浸入しないのでしょうか? 左右の壁に結構あります。シャワーを付ける人が少ないのでこんな設計になってるのでしょうか。

キャップを外してみるとこんな感じ。

一応プラスチックの座面はついています。皿ネジで締め込んであるので圧が掛かっていれば大丈夫なのかな?もう少し見てみましょう。

座面のプラスチックしかありません。シリコンパッキンなどが挟んであれば言う事無しでしたが。一応キャップが被っていればネジのアタマ部分への浸透は無いと思うのでそちらは現状維持で。壁面に接触している部分は浸透圧でしみこむ事も考えられますので予防対策しておいて損は無いと思います。

対策と言ってもたいした事は無いので、浸透しないように防水対策するだけです。粘度の高いシリコンオイルを塗布しておくのも手かと思いましたが、外すことは無い箇所だと思いますので、シリコンコーキングを座面と壁面の接合面に軽く塗布しておきます。キャップをかぶせるのでコレで浸透してくる水分は十分防げると思います。

ちょっぴりはみ出たコーキング(笑)これでキャップをかぶせれば完了です。全てのビス留め箇所を施行して完了です。

地味~な対策ですが、年数を重ねるとボディーブローのように効いてくるところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です