エボリューションシステム充電の流れ

(2021/10/20 一部記載修正)

ワイヤレス電圧電流計を付けたことで、リアルタイムに充電電圧と充電電流が見えるようになりました。そこでお出かけ時に満充電近辺の電流イメージをグラフモニターしてみたのでご紹介。

エンジン始動

キーONからエンジン始動後までは様々な電力消費があるので充電電流は低位をふらついています。

STEP
1

走行充電開始

既に80%以上の充電状態でしたので走行充電での充電量は30Aを頭打ちしすぐに低下します。エボリューションシステムの通常でのセオリーでは40Aを下回ったらインバーター充電ON!ですので、早速インバーター充電をONにします。

エボリューションシステムでない車両の場合は、この後どんどん充電量が少なくなって満充電に非常に時間が必要になりますが、それを解決したのがエボリューションシステムです。

STEP
2

インバーター充電ON

インバーター充電をONにすることで2つのAC充電器が稼働します。1つのAC充電器で約20A、2つで約40Aが充電出来る様になります。

STEP
3

40A程度で充電が継続される

概ね38A、ほぼ仕様通りの充電量が維持されています。

STEP
4

満充電に近づき充電量が低下

バッテリーが満充電が近づいてくると充電量も低下してきます。

STEP
5

VOTRONICの充電制御により充電が停止

インバーター充電モードではVOTRONICメーターが計算上の100%を判断してAC充電器に対して充電制御をかけます。これにより充電が停止します。その後充電制御が継続し若干の補充電が継続します。

STEP
6

インバーター充電をOFFにします

AC充電器を使ったインバータ充電がOFFになると走行充電に切り、VOTRONICメーターの充電制御下から解放されます。

STEP
7

走行充電

通常の走行充電となりバッテリーに充電出来るだけ充電が行われます。VOTRONICメーター推測の100%で止めていた充電が、満充電目指して充電されます。がそのため充電量が少し増えます。

ただし通常の走行充電ではディープサイクルバッテリーを真の満充電にはできませんので概ね満充電ということになります。

STEP
8

どうでしょうか?

エボシューションの効率的な充電手順、目で見て判りますか?
自分も改めてグラフ化したものを見て再認識しました。
エボシューション!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です