棚の扉の開き具合をさらにアップデートしてみた

DIYを実践される方へお願い

当記事の内容はすべて自己責任において実施されている内容です。記事の内容を元に改造を行った場合に発生しうるいかなる責任も当方には発生いたしませんことご理解ご了承ください。また同様に改造を行った結果不具合が発生した場合、車両販売元のナッツでの保証が受けられなくなることをご理解ご了承ください。あわせて当HPの快適化内容はナッツでの改造として受け付けられているものではありません。ナッツでの安全保障確認ができているものではありませんので、記事内容の改造快適化をナッツにご依頼することはお控えいただきますようお願いいたします。すべて自己責任であることをご理解ご了承の上お楽しみいただければ幸いです。

前回扉の開口部の開き具合を改善しました。

かなりいい感じになったのですが、どうせならもう一歩上に!ということで改善してみました。

標準で付いているヒンジの取り付け位置を改善したのですが、位置の関係上保持力が低下してしまうのだけが残念でした。そこでステーを別のものに交換して対策してみました。

用意したヒンジはこれ。

スガツネ工業製 LAMP ソフトダウンステー SDS-C301N

ソフトダウンステーと呼ばれるステーです。これは開くと最大開口で状態保持。閉める動作をおこなうとゆっくり閉まっていくというステーです。

CREAのダイネット上の棚の扉はサイズと重さ的にこのステーが動作できる範囲のギリギリの範囲のようですが、チャレンジ!

取り付け位置の調整は念入りに

CREAの棚の扉は曲線的な扉になっているので取り付けには注意が必要です。このステーは閉じる際に扉を最後まで引き込み、最終的には開かないように簡易ロックがかかる仕組みになっています。この機能を生かすためにも十分な取り付け位置調整をします。

標準のヒンジより大きめ

実際にどう閉まるかは動画でご覧ください。

ソフトダウンステーの閉まり具合
横から見た図
自動で閉じるのを待たずに強制閉じも可能

どうでしょう?かなり品のある閉まり方になったと思いませんか?

最大開口度も90度近くになりましたし、保持力もしっかりしています。閉まるときも最後まで扉を引き込んでくれます。

ちなみに閉めるときに強制的に閉めても問題ありません。

かなりいい感じになったと思います。

いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。