バンクベッド部にもUSBソケットを追加

以前に後部リアダブルベッド部にUSBソケットを追加しました。

今回はバンクベッド部にもUSBソケットを追加してみました。バンクベッド部には照明以外特にDC電源が無く、USB系の充電などもダイネット部分まで来るか、長めのUSBケーブルを使ってバンクベッド部に引き込む方法でした。

さすがに不便なので今回新たにUSBソケットを増設することにしました。設置場所は電源が取れそうな照明器具の近くです。

既に固定ネジを外してある写真でスミマセン。この部分にUSBソケットが取り付けられないか探りながら作業してみます。取り付けるUSBソケットはこの手のタイプを予定。

中華製DC12V 電源ソケット 壁面プレート

これを旨く取り付けられればいい感じになりそうです。化粧板を外したところはこんな感じに。なんかもともとの施工時のためらい傷見たいのがあったり、ねじ穴もやり直した感じのモノがあったりと、何となく現場施工合わせが否めない感じの仕上がりですね(苦笑)こういった部分はまだまだ画一されてないな~と思ってしまうところです。

内部にはエアコンのドレンホースが通っていました。このドレンホースもそのまま無固定ですが、壁面の切り欠き部分とホースが接触している箇所は緩衝材か何かを挟んでおかないと、振動で亀裂が入りそうです。固定もされていないしツメが甘い(苦笑)いずれ対策をしましょう。

USBソケットを取り付けて背面の出っ張りを考えた感じでは何とか取付が出来そうです。パネルを付けた感じではこんな感じになるように下書

下書きできたので次は電源をどこから取るかです。

実は近くにある照明から電源を取ろうと考えていたのですが、簡単には取り出せそうにありません。いやきれいに取り出そうとするのが難しい感じです、照明器具の付いているパネルの裏側にアクセス出来ればと思い、窓部分のシェードを外して見たのですが…ちょ~っとガッチリ窓が固定されていて触るのを躊躇します。外して出来ないことはなさそうなのですが、外すことによってシーリングなどに問題が発生すると雨漏りの原因に直結なので触らぬ神に祟り無しです(苦笑)

内装パネルに金具みたいなモノで引っかけるようにはめ込んであります

さて、照明から取れないとなると近くにあるのはダイネット部分のDCソケット辺りです。ちょうどドレンホースの通り道辺りなのでそこから引けないか探ってみます。

ドレンホース部分にチェーンをたらし込んでDCソケット部分に出てくるか確認してみます。

チェーンの先は果たして

無事出てきました!DCソケットの電源を分岐させて引っ張ることにしましょう。

チェーンに電源ケーブルを取り付けて引き上げて配線します。

引き上げた配線はいったん壁面で軽く固定します。これで配線加重がUSBソケットに掛からないようにします。次はUSBソケットを取り付けられるように化粧パネルに穴を開けます。今回は第1弾と言うことでDCソケット取付パネルは使わないで、化粧パネルに直接取り付けるようにしてみたいと思います。将来拡張時にもう1つ穴を開けてDCソケット取付パネルを使いたいと思います。

足が映り込んだのはご愛敬(苦笑)

30mmのホールソーで貫通。個々に直接USBソケットを取り付けます。

これに引っ張ってきた電源を繋いで元通り取り付ければ完成です!

なんか寂しい感じですが(笑)気になるようでしたら第2弾でDCソケット取付パネルを取り付けて拡張しましょう。

完成写真です。

先日取り付けたタッチセンサー付USBソケット。さてこれで快適になるか!?壊れないか?(笑)楽しみです!

バンクベッド部にもUSBソケットを追加”へ2件のコメント

  1. NABE より:

    初めまして。
    私もキャブコン乗りです。
    私もナッツのキャブコンに乗り換え検討中です。
    クレソンジャーニーのダブルタイヤにする予定ですが。
    いつも参考にさせて頂いています。
    ブログ上に最近の投稿が出てくるのが非常に見ずらいです。
    改善していただけないでしょうか?

    1. とっぷあうと より:

      NABEさん、初めまして。
      クレソンジャーニーへのお乗り換えを検討中とのことで、楽しい時期でもありますね!当方のHPが参考になれば幸いです。最近はネタが減っていて更新が滞っておりますがf(^^;) ポリポリ

      さて、HPのブログ詳細ページのサイドバーに最近の投稿が表示されている件について、閲覧しにくいというご指摘誠にありがとうございます。
      確かに同じような表示が出るのは見にくいかも知れませんね。
      ブログ詳細ページのサイドバーから最近の投稿を除外致しました。
      カテゴリーについてはガイドとして残したいと考えていますのでご了承くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です